Satomi Kawakita is a New York City-based jewelry designer and professional diamond setter. She was born and raised in Japan.  While growing up, she was strongly influenced by her dress-maker mother, who made most of Satomi's clothes when she was a little girl. Satomi was fascinated not only by designing, but also by actually creating things herself. This passion led her to Saga Art College in Kyoto, Japan, where she studied wood, metal, clay and textile design/creation.

While in college, she encountered glass-blowing, and after graduating, she worked for the glass artist Takeshi Tsujino for a couple of years. After the glass studio closed down, she taught herself how to make jewelry with glass beads, and she started her own jewelry business and sold her pieces nationwide.  

In 2002, she moved to Boston to fulfill her longtime dream to study abroad. After she completed an English language program, she moved to New York City to study jewelry making at 
Studio Jewelers. She started working as a diamond setter under the master setter Richard Scandaglia as soon as she graduated from school.  

In 2008, she launched her own jewelry line, "Satomi Kawakita Jewelry." Her work combines an unusual organic sense of beauty with impeccable craftsmanship, resulting in jewelry true to her style and vision. She appreciates and finds a mystique and unlimited beauty in natural gems, minerals and metals, and she always aspires to turn these materials into wearable jewelry using her own unique approach.


Looking for a career with us?  Please check this page.  





洋裁が得意で幼い頃にはほとんど全ての洋服を手作りしてくれた母の影響もあってか、幼少の頃から自分でモノを創ることの楽しさを知る。自分でデザインした ものを制作するために素材や色を選ぶというプロセス、それらの素材を使って実際に自分で制作することの楽しさ・難しさを知り、様々な素材・技法を使ってのモノ創りをより深く学ぶため嵯峨美術短期大学生活デザイン科に進む。

在学中に吹きガラスに出会いその魅力にとりつかれ、卒業後数年大阪の吹きガラス工房にて辻野剛氏に師事、教室運営、制作アシスタントとして数年勤務。その後、独学で学んだ”ビーズ織り” のテクニックを使ったアクセサリーブランド”Satomi Kawakita"をスタート。全国のセレクト・ショップにて販売される。

2002年長年の夢であった語学留学をするためアメリカ・ボストンへ。語学学校卒業後ジュエリーメイキングを勉強するためNYに生活の拠点を移す。 STUDIO JEWELERSにてジュエリー メイキングの基礎を学んだのち、2003年より宝石の石留め職人としてマンハッタン・ミッドタウンの工房にてマスターセッターRichard Scandaglia氏に師事。

2008年、ジュエリーブランド”Satomi Kawakita Jewelry"をスタート。ダイヤモンドセッターの技術を生かし、デザインの全てを自身が手がけるとともに、鋳造等を除くほぼ全ての行程をNYのスタジオで行う。

自然の中に見つけられるような形、素材感からインスピレーションを受けた有機的なデザインは繊細であると同時にユニークさも併せ持つ。 天然の宝石や鉱物の神秘性に無限の可能性と美しさを見出し、それを独自のスタイルでジュエリーという形で実際に身につけられるものとして制作することに日々奮闘。